トップリーグ2020 第6節登録選手 所感

TL第6節の登録選手を見た感想です。

www.top-league.jp

 

今節の前に、日本選手権の日程が発表されました。今シーズンの4位以上のチームによるトーナメントです。

これで各チームに4位以内に入るという明確な目標ができたわけです。

www.rugby-japan.jp

 

さて、NECリザーブのLOドローストは出場すれば初出場。
リコーは、海外出身の選手が先発に9名(前節は10名!)。それなりに優秀なメンバーが揃っていて勝てないのは、チーム戦術が不徹底だからなのか。

 

日野は、リザーブ登録のHO木津とSOクリップスが久々に出場なるか。SOデブラシーニは不在。
サントリーは、色々な選手をローテーションして起用し負荷を軽減していますが、選手層が厚いため戦力ダウンという感じはしません。

 

先週勝利した三菱重工は、疲労の蓄積もあるのか、LOヘモポやCTBリトルが不在など、メンバーを結構入れ替えてきました。
ヤマハは、先週先発のFLスミスがリザーブ。新加入のアイルランド人バトラーがNo8で久々に登場。

 

トヨタは、4位以内に入るには正念場。12でスワートが久々に出場。リザーブのFBアプロンはひょっとしたら今季初かな。いい選手ですが、同じポジションにルルーがいるので出番は限られる状況です。
クボタも4位に入るには勝っておきたい相手と捉えているでしょう。先週の出来がよかったので、先発はそのままですね。

 

Hondaも先発は先週と同じです。4スナイマンは出続けていますが、いるといないではチーム力がだいぶ違うので致しかたないですかね。
NTTコムは、戦い方がだいぶ整ってきたように思いますが、先週予想外の大勝だった結果が次の試合にどう影響するか。

 

キヤノンサニックスは、実力が近く、お互い勝っておきたい試合と位置づけていると思いますね。
キヤノンは好調のマイケル・ボンドをFBで起用。

 

NTTドコモは、9グラントが初出場。相手がパナソニックで、申し訳ないが3戦連続大敗を食らいそうな気配。パナソニックはメンバーを落としているので意地を見せてほしいところ。
パナソニックは、ワールドカップ出場組がほぼ欠場。4ダルゼルが初出場。

 

神戸製鋼は、これが現状のベストメンバーに近いのでしょうね。当然ですが、勝ち点5を取りに来ている印象。
東芝は、前節のパナソニック戦と同じ先発。FWが神戸製鋼の圧力に持ちこたえられるかが鍵でしょう。

 

できる限り競った試合が見たい!と切に願います。