リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第6節② 登録選手 所感

1月29日(日)実施の3試合。


■静岡ブルーレヴズ VS NECグリーンロケッツ東葛
https://league-one.jp/match/24010?t1=1

失礼ながら、勝利が計算できそうなチームが限られている感のある両チーム。
ブルーレヴズは初勝利、グリーンロケッツは初戦以来の勝利をかけた「負けられない」戦いということになります。
ブルーレヴズは前節で勝利目前のところで最終的にドローに持ち込まれた悔しさが残っているでしょうからこの一戦への思いはとりわけ強いはず。戦い方は泥臭く粘り強くという路線で変わらないと思いますが、グリーンロケッツは規律の維持にやや難があるチームなので、勝機は十分見出せる気がします。
とはいえグリーンロケッツの側も戦力はさほど変わらないはずなので、イージーな失点を犯さなければ勝機はあると思います。それなりに双方スコアチャンスはある感じはします。


■東京サントリーサンゴリアス VS 三菱重工相模原ダイナボアーズ
https://league-one.jp/match/24008?t1=1

ダイナボアーズが好調を維持できるか、位置づけとしては強敵に胸を借りるという試合になりますね。
サンゴリアスは出場停止が明けてSOクルーデンが戻ってきました。ダイナボアーズもブレイクダウンで激しく来ると予想されますので、それをかいくぐって早い展開ができるかがポイントになるかと思います。
ダイナボアーズはコンディションの都合かローテーションかわかりませんが、多少メンバーを入れ替えてきました。強敵相手に身体がフレッシュな選手を起用しようということかもしれません。このチームも泥臭く粘り強くという戦い方は変わらないはずなので、自分たちの土俵で接戦に持ち込めれば勝機はあるかなと思います。


クボタスピアーズ船橋・東京ベイ VS リコーブラックラムズ東京
https://league-one.jp/match/24009?t1=1

スピアーズは主にLOを変えてきました。リザーブにもフレッシュな面子が入っていますね。シーズンを見越して選手層の厚みを増したい狙いはあると思います。強い選手を前に出して崩してから早いBKで仕留めるスタイルは変わらないはずなので、新しく入った選手の活躍が期待されます。
ブラックラムズはSOにルーカスを先発で入れてきました。FBマッガーンと二人同時起用のときの方がアタックが機能する印象もあるので、今後も見据えてその出来が注目されます。
 

リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第6節① 登録選手 所感

6節目から異なるカンファレンスのチーム同士の交流戦ということになっています。
1月28日(土)開催の3試合。


東芝ブレイブルーパス東京 VS 花園近鉄ライナーズ
https://league-one.jp/match/24006?t1=1

前節は地力的には中位から上位を争うと目されるヴェルブリッツに快勝したブレイブルーパス。メンバーはほぼ変えないできました。相手が全敗のライナーズだからメンバーを落とすということでもないですが、今後のシーズンを見据えると、多少は入れ替えていった方が有益という気はします。
一方、浮上のきっかけをつかみたいライナーズ。キャプテンのFL野中が戻ってきました。毎試合50点以上も取られていてはどうにもならないので、ディフェンスをまずは固く整えることから試合を進めていきたいところかと思います。


■埼玉パナソニックワイルドナイツ VS 横浜キヤノンイーグルス
https://league-one.jp/match/24005?t1=1

全勝を維持するワイルドナイツイーグルスの挑戦を受けるという構図の試合。
現役のスプリングボクスの選手も双方に多いので、その対決も見どころになります。
ワイルドナイツでは好調を維持するWTBコロインベテの存在が鍵になりそうに思います。
イーグルスはエリアマネジメントを意識しつつ、余計なミスを減らすことができれば、いいランナーは多いだけに勝機は見出だせる気がします。


■コベルコ神戸スティーラーズ VS トヨタヴェルブリッツ
https://league-one.jp/match/24007?t1=1

前節で負けはしたもののチームとして戦える形が見えてきた感のあるスティーラーズ。一方、ほぼいいところなく大敗したヴェルブリッツ
やや状態は対照的に感じるものの今後を見据えて必ず勝っておきたいという事情は同じかと思います。
スティーラーズはシンプルなプレーを心がければ人に強い選手が揃うため、優位に立つことができるような感じはします。
ヴェルブリッツはBKに強いランナーを揃えてきたところに工夫の要素を感じます。本来BKのトゥポウをFLの先発で起用してきたあたりもアタックにテコ入れをしたいのかなと思います。今までのところチームがややチグハグという印象を受けますので、とにかく結果が欲しいところ。
 

リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第5節 試合所感

第5節の感想をざっくりと。


■横浜キヤノンイーグルス  VS  NECグリーンロケッツ東葛
https://league-one.jp/match/24001/print

イーグルスは多少メンバーを落としても危なげなかったところに、チームの成長を感じます。
一方のグリーンロケッツは競った展開に現実的に持ち込めそうな相手がかなり限られるというのが現在地のような。何かを改善したら結果が出るという感じが残念ながらあまりしません。


リコーブラックラムズ東京  VS  埼玉パナソニックワイルドナイツ
https://league-one.jp/match/23999/print

途中までは競った展開でしたが、前半終了間際のチャンスの時間帯をワイルドナイツが見逃さなかったあたりが現実的な差なのでしょう。
ワイルドナイツも多少メンバーを変えつつも安定した力を発揮するところに、選手層の厚みも含めた地力を感じます。
リコーブラックラムズ東京も力の差は感じたでしょうが、序盤の停滞は脱した感があるので、中位争いには加われると思います。


クボタスピアーズ船橋・東京ベイ  VS  コベルコ神戸スティーラーズ
https://league-one.jp/match/24000/print

チーム上昇のきっかけとしたいスティーラーズの意気込みが強く感じられました。ミスが多かった前の試合からも改善が見られたような気はします。シンプルにプレーした方が前に強い選手が多いチームスタイルと合うようには思います。
スピアーズは相手の攻勢を受け止めて勝ち切ったところに充実を感じますが、ややあっさり取られたシーンが多かった点は改善点という印象も受けました。スティーラーズに個の力がある選手が多いということもあると思いますが。


■花園近鉄ライナーズ  VS  東京サントリーサンゴリアス
https://league-one.jp/match/24004/print

ライナーズは大敗が続いたあとのこの試合にかける意気込みは感じられました。前半はある程度戦えていたものの、結局は判断とか接点のところなどの個人の部分の差なのでしょうね。同じ昇格組のダイナボアーズが勝負できていることを考えるとより多くを求めたいところですが、徐々にディビジョン1のプレーに慣れていって、リーグ後半戦で勝負できるようになるのを目指すということになるのでしょう。
サンゴリアスは新しい選手を起用しても機能しているあたり、層の厚さを感じます。チーム内の競争も感じられますね。


東芝ブレイブルーパス東京  VS  トヨタヴェルブリッツ
https://league-one.jp/match/24002/print

ブレイブルーパスが特別攻勢をかけていたという感じもさほどないのですが、気付いたときには点差が離れていたという印象。
ブレイブルーパスは前節で敗れたもののチームの安定感は感じられます。ただ、起用している選手がリザーブも含めてほぼ同じなので、長期戦を考えると層を厚くする試みがもう少し必要な気はします。
ヴェルブリッツはどうもチームに一体感が感じられないですね。リーダーが不在なような気がします。経験のある選手はそれなりに揃っているんですけどね。


三菱重工相模原ダイナボアーズ  VS  静岡ブルーレヴズ
https://league-one.jp/match/24003/print
 
泥臭く愚直な似たようなスタイルの対戦は競った展開になりました。
ダイナボアーズは最後のキックを外して、心底悔しがっていたSOシルコックの姿と彼を慰めるチームメイトの姿にチームの充実を見た感じがしました。後手に回った試合展開のなか、追いついたことは(勝ち切れれば最高でしたが)自信になる気がします。
ブルーレヴズは勝てた試合を落とした気分でしょうが、浮上のきっかけにはなるように思います。
 
 
今節は豪州からゲストレフェリーが来ていましたが、ゲームの進め方にやはりだいぶ差を感じました。
例えばですが、レフェリーが間近で見ていてトライを与えたような判定に対してTMOをかける必要はない、ということだと思うんですよね。ゲームのスピードアップを図るためには。
 
 

リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第5節 登録選手 所感②

1月22日(日)開催の残りの3試合です。


■花園近鉄ライナーズ VS 東京サントリーサンゴリアス
https://league-one.jp/match/24004?t1=1

2戦連続でホストの花園ラグビー場で70失点以上の大敗を喫しているライナーズ。また70点以上取られるかどうかはともかく、連敗を止めるには厳しそうな相手です。
ボールを自由に回させると厳しくなると思うので、ブレイクダウンの攻防で何とか活路を見出したいところです。
サンゴリアスは、前節で一年目の河瀬がデビューしましたがこの試合もWTBで先発。この試合も同期の雲山も遅れてデビューということになりそうです。


東芝ブレイブルーパス東京 VS トヨタヴェルブリッツ
https://league-one.jp/match/24002?t1=1

いずれも上位を狙うためには連敗は避けたい両チーム。
ブレイブルーパスはコアメンバーは固めってきている印象なので、チャンスを確実にスコアに変えられるかどうかというところでしょうね。
ヴェルブリッツはコンディションの都合もあるでしょうが、メンバーがなかなか固定できないのが苦戦している原因の一つかなという気はします。姫野は不在でデュトイがゲームキャプテンです。


三菱重工相模原ダイナボアーズ VS 静岡ブルーレヴズ
https://league-one.jp/match/24003?t1=1

勢いを持続させたいダイナボアーズと、連敗を止めたいブルーレヴズ。
ダイナボアーズはメンバーに大きな変更はなく、戦い方も特に変えてこないと思われます。
ブルーレヴズはそもそもサイズがあるチームではないものの先発の13から15のサイズ感がいつにも増して苦しい印象。もちろんサイズがすべてではないですが、ディフェンスの面で不安な感じはあります。
試合としては競った展開になる気はします。

リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第5節 登録選手 所感①

第5節の1月21日(土)実施分の3試合です。


■横浜キヤノンイーグルス VS NECグリーンロケッツ東葛
https://league-one.jp/match/24001?t1=1

イーグルスは、ローテーションの意味もあるでしょうが、SHデクラーク、CTB梶村はリザーブスタートです。このチームはFWも多少のローテーションはしていますが、そのなかでフロントローはあまり選択肢がないのかなという印象を受けます。
一方のグリーンロケッツはローテーションをする余裕はあまりない感じではあります。正直なところFW戦で有利に持ち込めそうな感じもしませんが、ディシプリンを保てればある程度競った展開には持ち込めるのではないかと期待します。


リコーブラックラムズ東京 VS 埼玉パナソニックワイルドナイツ
https://league-one.jp/match/23999?t1=1

連勝の勢いを継続させたいブラックラムズ。FWの強さではある程度対抗できるように思うので、余計なペナルティを減らして自分たちでゲームを難しくしないことだと思います。
ワイルドナイツは、CTB長田がリーグデビューですね。14野口、15山沢という組み合わせも目を引きます。長いリーグ戦を見越したテスト的な意味もあるような感じはします。


クボタスピアーズ船橋・東京ベイ VS コベルコ神戸スティーラーズ
https://league-one.jp/match/24000?t1=1

試合によって多少はローテーションしつつもコアメンバーは固まっている印象のスピアーズ。リザーブにも強いFWが控えているのは相手は嫌でしょうね。
コンディションの問題もあるのか、今シーズン初登場という人も多いスティーラーズ。面子だけ見るとそれでも悪くない印象ですが、コンビネーションが噛み合っている感じがここまでしないので奮起を期待したいところです。
 

リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第4節 試合所感

第4節の結果をざっくり振り返ります。


三菱重工相模原ダイナボアーズ VS 東芝ブレイブルーパス東京
https://league-one.jp/match/23993/print

ダイナボアーズにとっては、第2節のヴェルブリッツへの勝利に続き大きな勝利ですね。リーグの中位に位置するであろうチームとは互角以上に戦えることを証明した格好です。ミスはところどころありましたが、チームとしてよく整備されているのが感じられます。
ブレイブルーパスはブレイクダウンの攻防で少々押されていた印象。また、セットプレーでやや不安定なところがいくつか見られたように思います。


■花園近鉄ライナーズ VS 横浜キヤノンイーグルス
https://league-one.jp/match/23995/print

ライナーズはミスが多すぎました。2試合続けて70失点以上というのはちょっと。厳しいようですが、残念ながら1部の水準に達しないであろう選手が少なくない印象です。次戦以降の奮起を期待したいところ。
イーグルスとしては正直難しい試合ではなく、正直実力が測りづらいところですが、スコアすべきときにきちんと点が取れていて、調子は引き続き悪くないように感じます。


クボタスピアーズ船橋・東京ベイ VS NECグリーンロケッツ東葛
https://league-one.jp/match/23994/print

グリーンロケッツは前半は粘りましたが、後半地力の差が出ましたね。プレーの精度を上げていけばもっと競れる試合も増えてくると思います。
スピアーズは選手を多少ローテーションしてもしっかり勝ち切る地力が出てきた印象を受けます。BKは若手層に活気が見られるような感じがします。


■コベルコ神戸スティーラーズ VS 東京サントリーサンゴリアス
https://league-one.jp/match/23996/print

スティーラーズは細かいパスのつなぎでもったいないミスが目立ちました。インフルエンザの影響で急遽メンバーが変わった影響も多少あるかもしれませんが、昨シーズンからの傾向なので問題は根深いような気がします。敵陣深くでそういうオプションを使うのはよいとして、自陣やハーフウェーライン付近ではシンプルな方がよいと思いますが。
サンゴリアスとしては、相手のミスもあったのでそこまで苦しい展開ではなかったゲームのような気はします。BKは独力で突破できるようなタイプは少ないですが、チャンスを確実に得点に結び付けられる選手は多いですね。


■静岡ブルーレヴズ VS リコーブラックラムズ東京
https://league-one.jp/match/23998/print

ブルーレヴズは粘ってもなかなか届かないようなゲームが多いですね。
選手層の問題もあって苦しいところですが、競った局面で精度を上げていくしかないんでしょうね。
ブラックラムズは前節で一つ勝ったことで、試合運びにやや安定感が出てきたような感があります。試合中のムラのようなものを減らせれば調子を上げていけるような気はします。


■埼玉パナソニックワイルドナイツ VS トヨタヴェルブリッツ
https://league-one.jp/match/23997/print
 
フィジカルな試合でしたが、ワイルドナイツは役者がきっちり仕事をしたという印象。シンビンがあっても崩れないところにはチームの成熟が感じられます。
ヴェルブリッツは、意地は多少見せられた感がありますが、勝てそうな雰囲気はちょっと薄かったように感じます。あまり上位候補のチームと当たっていないのに負けが先行しているのは苦しいところですが、早くチームとしての勝ちパターンを確立する必要があると思います。
 
 

リーグワン2022-2023 ディビジョン1・第4節 登録選手 所感

第4節は、14日(土)が4試合、15日(日)が2試合とまた変則的です。さらに15日の2試合はキックオフが14時と14時30分。
こういうのは観戦者の立場を考えると揃えていったほうがよいですね。
 
 
 
2連勝のあと前節はワイルドナイツ相手に完敗でしたが、仕切り直しといきたいダイナボアーズ
CTBで前節リザーブだったヴァエガが先発、先発だったロナがリザーブというマイナーな変更がありますが、このあたりは選手の調子を見ながらということもあるかと思います。
ブレイブルーパスは、前節で機能していたアタックの勢いを継続できるか。
戦力的にはさほどの差はないように思うので、ディシプリンのちょっとしたところが差になりそうな気はします。
 
 
 
前節で、大敗したあとのライナーズとディシプリンに課題を残したイーグルス。双方仕切り直しを図りたいところ。
イーグルスがFWに前に強い選手を多く入れてきたように思うので、ライナーズはディシプリンを保って極力ロースコアの展開に持ち込めるかが鍵になると思います。過去3試合はいかにも失点が多すぎるので。
イーグルスは先発のFBにマレーを入れてきましたが、前節を見る限りエリアマネジメントとしてはその方がベターな感じはします。
 
 
 
相手がグリーンロケッツだからというわけでもないでしょうが、スピアーズはメンバーを多少入れ替えてきました。HOとSOに目新しさを感じます。
一方のグリーンロケッツはボールが動けばスコアはできると思いますが、試合が決してからスコアしている感が強いので、ディシプリンを維持して粘り強く戦いたいところです。前節のアタックで機能したメンバーを起用してきた印象はあります。
 
 
 
不安定な戦いが続いていますが、上位争いに踏みとどまるには負けたくないスティーラーズ。一方のサンゴリアスも今のところ余裕のある戦いができているとは言いにくいところです。
スティーラーズはこの試合もある程度は得点できると思われますが、守勢に回ると失点もかさみそうな懸念があるので、ブレイクダウンのところで圧力をかけて相手アタックに勢いを出させないことが重要かと思います。
その点でサンゴリアスは前節で存在感を見せていた、FLコンビの働きが鍵になる気がします。
 
 
■静岡ブルーレヴズ VS リコーブラックラムズ東京
https://league-one.jp/match/23998?t1=1

戦力的には近い関係にある両チームと思いますが、ブルーレヴズは連敗を止められるか、ブラックラムズは初勝利のあと勢いを継続できるかという点で重要な試合になります。
ブルーレヴズとしては、相手のアタックに勢いを出させると厳しくなるので、ディシプリンを保ちつつロースコアの展開のまま終盤を迎えたいところかと思います。
ブラックラムズは前節とほぼ同じメンバーですが、いい雰囲気で終わった前節終盤の勢いを継続できるかがポイントでしょうね。


■埼玉パナソニックワイルドナイツ VS トヨタヴェルブリッツ
https://league-one.jp/match/23997?t1=1

前節で盤石な実力を見せたワイルドナイツと、ギリギリのところで接戦を落としたトヨタヴェルブリッツ
ワイルドナイツはFLガンターが戻ってきました。少しずつの選手入替がありますが、誰が出ていても一定のクオリティを維持するのがこのチーム。
CTBデアレンデはいませんがLOデヤハーと、ヴェルブリッツのFLデュトイ、FBルルーを含め、現役スプリングボクスが3名います。
ヴェルブリッツは戦力の割に安定感のない試合を続けている印象ですが、この強敵を相手にギアを上げていきたいところ。ツイドラキ兄弟の競演が見られるかという点もポイントでしょうか。