リーグワン2022 準決勝・入替戦  試合所感

準決勝2試合とディビジョン1・2の入替戦第1戦の2試合を振り返ります。
 

このカードは、一シーズン戦ってきた場所の環境の違いが出たという気がします。

精度はともかく、グリーンロケッツのアタックのほうがスピード感がありました。
 
ヒートはイエローカード2回では苦しいですね。
 
点差もかなりつきましたので、こちらはニ戦目を待つことなく、かなりの確率で決まったような感があります。
 
 

入替戦のもう一方のカードは、ディビジョンの差を感じさせなかったというか、下のカテゴリにいたはずのダイナボアーズが終始押していた印象の試合ですね。

 
ダイナボアーズ側にペナルティがかなりあったため、スコアはそこまで離れませんでしたが、内容にはだいぶ差があったように思います。
 
とはいえ、二戦目で逆転できない差ではないので、ダイナボアーズは余計なペナルティをおかさないよう、ディシプリンの面をもう一度引き締める必要があります。
アタックは十分機能していたと思います。
 
シャイニングアークスは、流れのなかでまったくと言っていいほどチャンスがつくれてなかった感があります。
フォラウのマンパワーに頼った突破しかないようだと次も苦しそうです。
 
 

全体としてはブレイブルーパスの試合だったように思いますが、ディテールの違いが経験値の差というべきなのでしょうか。

まぁ、サンゴリアスのFBにサラリーが高い選手がいたから、と言ってしまえばそれまでですが。そのFBの選手のここぞの集中力は素晴らしいものがありました。
 
終盤のブレイブルーパスのノットストレートの連発は、それを取るならほかにもあったのではという判定もあったような気もしますが、チームとして悪い流れを修正できなかったのが現在の到達点なのでしょうね。
とはいえ、シーズンの終盤に急激にチーム力が上がった印象を受けます。
 
 

準決勝のもう一試合も、経験値の差という印象の結果。

ワイルドナイツの竹山のゴール前のインターセプトがすべてだった気はします。
ただ、その前にワイルドナイツにペナルティトライが与えられてもおかしくないファウルがあったので、それが出ていればまた違う展開だったようにも思います。
 
解説の藤島さんは、スピアーズのBK陣の経験が一発勝負の試合では違いになる、というようなニュアンスのことを話していましたが、その経験豊富な選手たちが戦い方に影響をおよぼしているようにはあまり見えませんでした。
SOフォーリーのインターセプトされたロングパスは、そこまで焦る必要がない状況のように思いましたが、そこはワイルドナイツのディフェンスのプレッシャーがあったのでしょうね。
 
ワイルドナイツは盤石な感があります。
リーグは新たになりましたが、決勝は同じ組み合わせになりました。
 
 
 

リーグワン2022 準決勝・入替戦第1戦 登録選手所感

リーグワン最初のシーズンも残り2週。
プレーオフ準決勝と入替戦第1戦の選手登録から試合を展望してみます。
 

サンゴリアスvsブレイブルーパス

府中市に本拠を置く両チームが花園ラグビー場での準決勝で相まみえることになりました。
ブレイブルーパスが勝利した第15節から3週間空いての再戦ですが、敗れたサンゴリアスは前節で相手のコロナ感染により不戦勝。サンゴリアスはチャレンジャーの気持ちで準備をしてきたと思われますが、試合勘の差が一発勝負でどう出るか気になるところです。

サンゴリアスは前の試合で劣勢だったFW戦を立て直すことができるかどうか。前の試合は激しい雨の日でしたが、当日雨が降るコンディションかどうかも気になりますね。
前の試合では、BKはCTBケレビが止められたらノーチャンスという雰囲気でした。そのときに不在だった、スピードとパンチのあるWTBリーの存在が鍵になるかもしれません。
 
ブレイブルーパスは、突破力のあるタマニバルをCTBではなくWTBに置いてきたのが目を引きます。CTBに気の利いたプレーができるベイトマンを配置したのも勝負のポイントになりそうな気がします。


グリーンロケッツvsヒート

ディビジョン1にいたチームの方が、当然ながら相手のレベルが高いなかで揉まれているはずですが、実戦で勝利した経験を持てていないことがどう影響するかですね。
 
ヒートのアタックはディビジョン2の上位3チームのなかではさほどでもないと思います。ディフェンスが脆いグリーンロケッツとしては、相手がダイナボアーズの方が厳しい相手だったような感があります。
序盤で失点を重ねるようなことがなければ、まずはグリーンロケッツが初戦をとるような気はしています。
とはいえ、差はそれほどないと思いますし、ヒートにはトップリーグの経験がある選手も多いので、接戦でいけばわからないですね。
 

シャイニングアークスvsダイナボアーズ

ヒートとは逆に調子を落とした状態で順位決定戦を戦い3位に終わったダイナボアーズ
はまればアタックの爆発力はあるので、シャイニングアークスとしては恐い相手でしょう。
 
シャイニングアークスは、ここ何試合か試していたSOレイドローでなく、前田を入れてきました。レイドローは本職のSH。
41歳のロビンスブライスリザーブに入ったのに驚きますね。このタイミングでなぜ、という気はしますが。
 
ダイナボアーズがリーグ戦最終節、順位決定戦と3連敗で来てしまいました。
悪いイメージを切り替えられているかがポイントですね。
 
入替戦は2戦トータルでの勝負になるので、2試合でのマネージメントが鍵になります。
 
 
ワイルドナイツ・スピアーズ戦は明日発表ですので、確認してから更新します。
 
≪5月20日追記≫
 
ワイルドナイツvsスピアーズ

2週間前の最終節でも対戦したカード。

スピアーズは、怪我からの復帰が噂されたHOマークスは間に合わなかったようで不在ですが、最終節で出場しなかったSOフォーリー、CTBクロッティという経験値の高い二人はスターティングメンバーに入っています。
戦術をどこまで変えてくるかは何とも言えませんが、中盤に落ち着きが出るのは確かだと思います。
 
対するワイルドナイツは、SO松田が怪我で不在で、山沢兄が先発。
スピードとキックの技術を併せ持つ好選手であるのは間違いないですね。チームがイケイケのときはいいプレーを見せられるものの、守勢のときは空気になってしまう印象があります。一発勝負でどのようなプレーを見せられるか。弟もリザーブに入っています。
 
4番から8番までの先発に、両チームともカタカナの名前が並ぶのはこのリーグでも稀なはず。ただ、こういう布陣ができるのが両チームの強みでありますので、重いFW陣同士の熱い好防が期待されます。
 
 
 
 
 

リーグワン2022 第16節 試合所感(ディビジョン1)

遅くなりましたが、リーグワン2022レギュラーシーズン最終節、第16節の結果をざっくり振り返ります。
 
 
最終節の登録選手に関する記事を書いた後、ブラックラムズレッドハリケーンズの試合も、レッドハリケーンズ側が試合要件を満たさなかったとのことで中止になりました。
 
この件に関しては9日に長文の説明リリースが出ていますか、試合当日の中止告知になったことはリーグ側に責任があるとのことです。
 
メンバー発表後に試合が中止になるというケースは、今シーズン何試合あったんでしょうね。
 
ブラックラムズに勝ち点5が与えられるという決定は同じく9日に発表されましたが、過去の事例から中止になった時点でこの勝ち点の扱いは予想されましたので、入替戦に進むのがどのチームかという関心も興ざめになってしまった状態でした。
 
 

スピアーズが残り10分の時点で同点に追いついた後、ワイルドナイツが3トライで突き放したという展開。

ワイルドナイツがらしさを見せたとも言えますし、2週間後の再戦は選手や戦術の変更もあるでしょうから、また別物になるだろうなという気もします。
 
 

グリーンロケッツも勝利への執着は見せたと思いますが、ディフェンスが淡白なのか、簡単にスコアされてしまうところを修正できないと勝ちは遠いですね。

レギュラーシーズン中に試合での勝ちがない状態が継続になってしまいました。
 
イーグルスのFLファンダイクは素晴らしいシーズンを素晴らしい出来で締めました。
 
 

ディフェンスが持ちこたえられないのはシャイニングアークスも同じです。前半で勝負は決まってしまいました。

入替戦の相手はスティーラーズほどアタックの威力はないと思いますが、ディフェンスを整備し直さないとちょっと心配ですね。

 

スティーラーズ不本意なシーズンだったと思いますが、終盤はチームとして形になった印象。
CTBアムを最初から獲得しておけばよかったような気もしますが。シーズン途中で復帰してもらえるのだったら最初からベン・スミスも。というたらればが出てきます。
 
 

プレーオフ進出を決めているブレイブルーパスの逆転勝ち。

前節にサンゴリアスに完勝したことが自信につながったようにも思います。
 
ブルーレヴズは、クワッガ・スミスほか、各選手がいい動きをしていたと思いますが、接戦を守り切れるディフェンス力を身につけないと、来シーズンも同じぐらいの順位に落ち着いてしまいそうな気はします。入替戦に回るチームに勝ち切るだけの地力はあると思いますが。
限られた戦力でよく頑張ったともいえるとも思います。
 
 
いずれも最近リーグ戦で顔を合わせた組み合わせとなりましたが、それだけに戦術的な駆け引きが鍵を握る準決勝となる気がします。
 
 

リーグワン2022 第16節 登録選手所感(ディビジョン1)

リーグ戦も最終節となりました。
プレーオフに進出するのは4チーム。サンゴリアス、スピアーズ、ワイルドナイツがすでに決まっています。最後の切符を獲得するチームはブレイブルーパスヴェルブリッツのどちらか、という点が最大の見どころになるはずでしたが、ヴェルブリッツはコロナ陽性者を出し、サンゴリアスとのゲームが中止になりました。
規定どおりではヴェルブリッツは勝ち点0になるはずで、前節までで勝ち点をリードしていたブレイブルーパスがそのまま進出ということになるはずです。
残念ながら、シーズンの最後まで締まらない感じになってしまいました。

ということで、NTTのチーム再編の兼ね合いで順位に関わらずディビジョン1に残れないレッドハリケーンズを除いて、入替戦に進む2チームはグリーンロケッツブラックラムズシャイニングアークスのどこか、という点が次の見どころというか関心事になります。


ブラックラムズvsレッドハリケーンズ

入替戦を争う立場のブラックラムズは、前述のとおり結果に関わらずディビジョン1に残れないレッドハリケーンズが最終節の相手。

レッドハリケーンズはこの試合の勝敗が何かに影響することはなく、また前節はコロナ陽性者が出て試合ができませんでしたが、だからこそ意欲高く試合に臨むはずです。
今後のキャリアを考えて、いいプレーを見せておきたいと思う選手も少なくないでしょう。
怪我人も多く、昨シーズンの躍進から考えると十分なシーズンではありませんでしたが、この数試合の出来をみると、ブラックラムズと差はあまりない印象です。

ブラックラムズは勝っても、ライバル次第の状況ですが、勝ち点を確実に積み重ねておきたいところです。
両チーム共通の課題ですが、ディシプリンやセットピースの安定が勝敗の鍵を握るように思います。


ワイルドナイツvsスピアーズ

プレーオフ進出を決めている両チーム。
順位が準決勝の組み合わせに関わってきますが、現在1位のサンゴリアスが不戦勝で勝ち点5を加えるはずなので1位は動かないでしょう。4位のブレイブルーパスも勝ち点が離れているので、この2チームの2位、3位も変わらず、勝敗によって順位が入れ替わる可能性はある、ということになります。組み合わせは当然変わりませんが。
というわけで、2週間後に再戦するであろう組み合わせなので、この試合はオプションプレーなどは控えめにする可能性がありますね。


イーグルスvsグリーンロケッツ

グリーンロケッツはこのままでは最下位ですが、この試合に勝って、入替戦を争うライバルが負けた場合は順位が逆転する可能性はあります。
3トライ差以上のボーナス点も加えての勝利を狙いたいところですが、現実には不戦勝以外で勝てていないわけなので、この試合に必勝ということが現実的な目標ということになるでしょう。

イーグルスは、前節の敗戦でプレーオフの可能性はなくなったわけですが、負けてシーズンを終わりたくはないでしょう。

イーグルスに自由に展開させて、早めに失点を重ねてしまうと、一方的な試合になってしまう可能性があるので、グリーンロケッツはディフェンスの安定をまずは気をつけたいところかと思います。


シャイニングアークスvsスティーラーズ

シャイニングアークスは勝てば安全圏ですが、相手は順位は今一つとはいえ戦力は揃っているスティーラーズ。簡単ではないでしょう。
思えば開幕戦がこのカード。そのときは10ブラックと15フォラウのコンビプレーも冴えていい線行きそうな予感があったんですけどね。。
さて、ハーフバック団は9飯沼、10レイドローというコンビで臨んできました。
余計な失点を与えないようにディシプリンには注意するという基本を徹底することが肝要なように思います。

スティーラーズは、いい選手を抱えているもののチームの軸を固めきれなかったのが低迷の原因だったでしょうね。
12アム、13ベン・スミスという組み合わせは強力ですが、結局は選手のマンパワー頼みだったシーズンのように思いますね。言葉は悪いですが。
とはいえ、今一つのシーズンを連勝で終えたいでしょうから、前半から飛ばしてくる可能性は高いと思います。


ブルーレヴズvsブレイブルーパス

ブレイブルーパスは勝敗は関係ないところですが、前節いい内容のプレーをした後で、勢いを持続させたい思いはあるでしょうね。
前の試合でいいプレーをしていたSO中尾は不在ですね。大事をとったのかもしれませんが。

ブルーレヴズは相手の強力なFW陣に勢いを出させないことがポイントになるかと思います。
 

リーグワン2022 第15節 試合所感(ディビジョン1)

第15節は、中止になったレッドハリケーンズ・ブルーレヴズ戦以外の5試合が行われました。
 

ヴェルブリッツは、勝利によって、プレーオフ圏内の4位争いに踏みとどまりました。


序盤にしっかりスコアし、それほど難しくない試合展開に持ち込むことができました。
いいリズムでプレーができていたように思います。
次節はサンゴリアス戦。勝利が求められますが、相手も今節の敗戦で期するものがあるはずですので、見ごたえのある試合になるのではないかと。

ブラックラムズは連敗を止めることができませんでした。ここ数試合のディフェンスの脆さは改善する兆しが見えないのが厳しいところです。
個々の選手があっさり抜かれすぎと言ってしまえばそれまでなのですが。なかなか苦しいですね。
次節は、ディビジョン1からの離脱が決まっているレッドハリケーンズ戦。レッドハリケーンズは今節でコロナ陽性者を出していて、試合にどのような影響が出るかわかりませんが、最終戦ですので試合が成立してほしいと思います。

 

シャイニングアークスは、幸先はよかったのですが、前半27分の13点目からスコアが止まってしまいました。

結果的には、今シーズンの地力の差が出ましたね。
 
スピアーズも序盤は決していい流れではなかったですが、しっかり劣勢を押し返すあたり、現在の充実を物語っていると思います。


グリーンロケッツは前半同点、ロースコアの展開に持ち込めたのはよかったのですが、ガソリンをそこで使い果たしたような印象もあります。


前半の相手の勢いをしのいで、後半にギアを入れるワイルドナイツのペース配分は、毎度おなじみとも言えますがさすがでした。

 

イーグルスは、この敗戦でプレーオフ進出の可能性はなくなりました。

最終的にスコアを詰めましたが、ラインアウトの乱れなど、あまりいい出来ではありませんでした。沢木HCや田村キャプテンも試合後にコメントしていましたが、これが今の実力ということなのでしょう。
 
スティーラーズは、選手層からいえば、本来はプレーオフに進むべきチーム。
ここは意地を見せたと言えるでしょうね。

 

ブレイブルーパスが久々の府中ダービーでの勝利。

前半から出足のいいディフェンスでサンゴリアスのアタックを食い止めていて、皆が最後まで自信を持ってプレーしていたような印象を持ちました。
スクラムが不安定な時間帯があったのが改善要素ですが、同じ地域をホームとするライバルに完勝といっていい内容で勝利し、自信になったゲームではないでしょうか。

サンゴリアスは雨でハンドリングが難しかった事情もあるとはいえ、アタックが単調で、あまり相手の脅威にはなっていませんでしたね。キックも雨であまり有効に使えなかったということもあると思いますが、強いランナーが相手のディフェンスに綻びをつくれないとチャンスにならないチーム状況がよく表れていたように感じました。
この試合では、ブレイブルーパスがフィジカルバトルでも身体を張って頑張って、CTBケレビ、No8タタフあたりに仕事をさせなかったのが大きかったように思います。

この試合の解説の藤島さんが、サンゴリアスリザーブと先発の力量が大きく変わらないのが強みと説明していました。
それはそのとおりだとは思いますが、リザーブの力量が優勢の試合をひっくり返させずに終わらせるのには十分でも、劣勢の試合をひっくり返すほどのパンチはないのかなという気はしました。
 



 

リーグワン2022 第15節 登録選手所感(ディビジョン1)

久々の中止試合ですが、レッドハリケーンズとブルーレヴズの試合がコロナ理由で中止となりました。
 
ブラックラムズvsヴェルブリッツ

気づいたら6連敗中のブラックラムズと、先週接戦を制したヴェルブリッツ。それぞれ入替戦とプレーオフを臨むポジションにいるチームです。

ブラックラムズリザーブにFWを6人入れてきました。肉弾戦のコンセプトがあるのでしょう。


スピアーズvsシャイニングアークス

千葉県ダービー、もとい京葉線ダービーの試合。

スピアーズは、6に205cmのボタを入れてきました。ヘルウヴェ、ブルブリング、ボタと並ぶとかなりいかついですね。
また、先週デビューを果たした日体大出身の新人ヴァイレアは13で先発デビューです。


グリーンロケッツvsワイルドナイツ

スコアはそれなりにできるが、ディフェンスが脆いグリーンロケッツ。序盤で崩れないかが競った試合ができるかの鍵になります。


スティーラーズvsイーグルス

スティーラーズはブレーオフ進出の芽はなくなりましたが、さすがに意地を見せたいところでしょう。
 
イーグルスとしては、4位以内に入るには、強敵ですが抑えておきたいところです。


ブレイブルーパスvsサンゴリアス

 
ブレイブルーパスは、このゲームを取れれば4位以内の確保が近づきますので、気合が入るところでしょう。
 
 
 
 
 

リーグワン2022 第14節 試合所感(ディビジョン1)

遅くなりましたが、第14節をざっくりと振り返ります。
 

レッドハリケーンズも集中していないわけではなかったと思いますが、あそこまでスクラムに差があるとなかなか難しい。

ブレイブルーパスは終盤に向けてチームの完成度が上がってきた印象。
国内のゲームは海外と比べてTMOにかける時間が長すぎるのが現状ですが、この試合はいささか時間がかかりすぎでした。この日は寒いナイトゲームでしたし、本気で集客を増やしたいなら、TMOにかけるかどうかの判断基準の明確化、ビデオ設備の充実など、一層の向上を図らないといけないように思いますね。
 
 

好試合だったと思いますが細部を見ると、今シーズンの両チームの出来の差が出た試合という感がありますね。

スティーラーズはいいプレーも見せるものの、余計な失点が多すぎるという点が今シーズン勝ち切れなかった要因でしょうね。
 
昨シーズンのスピアーズは、試合数が少なかったということもありますが、ほぼ固定されたメンバーで戦い、ベスト4に進みました。
それを考えると、若手も積極的に起用している今シーズンは格段にチームの総合力が上がりましたね。
 
 

前半はイーグルスの目論見がうまくはまりましたが、80分の使い方という点では、やはり総合力の差があったようです。

ワイルドナイツは前半を14点差で折り返しても余裕がありましたね。
イーグルスは前半飛ばしすぎたのでしょうが、こういう展開のゲームを勝ち切れるようになると、チームとして一段上に上がるのだろうなと思いました。
 
 

このリーグには珍しいロースコアのゲーム。

ブルーレヴズはリードを守り切れない試合が続きますが、エコパスタジアムで見せ場はつくりましたね。
ヴェルブリッツは見事な逆転劇。しっくりしない試合が多かった今シーズンですが、チームが上向くきっかけになるかもしれません。
 
 

ともに下位に沈む千葉県に本拠を置くチーム同士のゲーム。

不安定なゲームが続く両チームを表すような展開というと口が悪いですけれども。
ディフェンスに締まりがなく、要所要所を締められないというのが今シーズンの両チームに共通する状況かと思います。特にグリーンロケッツが、ということになりますが。
 
 

現在のチーム状態が如実に表れたスコア差というべきか。

ブラックラムズは、シーズンの序盤戦はそこまで悪くなかった印象ですが、勝ちきれないまま、停滞を続けている印象です。
メンバーはある程度固定されているのにも関わらずチームの戦いが安定する気配が乏しいのは、コーチのマネジメントの問題なんでしょうかね。