JAPAN XV VS オーストラリアA代表 1戦目 登録選手所感

10月1日(土)に秩父宮ラグビー場で行われる、JAPAN XVとオーストラリアA代表の1戦目の試合登録メンバーが発表されました。 www.rugby-japan.jp www.rugby-japan.jp 別の日に日本協会がオーストラリアA代表の来日メンバーを公表していましたが、ワラビーズの…

オーストラリアA代表について

前の投稿からだいぶ間が空いてしまいましたが、この秋の日本代表メンバーが発表されました。 www.rugby-japan.jp 宮崎合宿に呼ばれた41名という位置づけですが、秋の活動は基本的にこのメンバーで臨む、ということのようです。 この秋の活動としては、10月に…

リーグワン国内移籍状況(8月15日現在)

正式な日程はまだ明らかになっていないものの、リーグワンの2年目のシーズンは今年12月の開幕ということは明らかになっています。 1年目よりも1ヶ月早く始まることもあってか、各チームの移籍の動きも昨年より動きが早い印象があります。 海外からやってくる…

NTT新チームについて

リーグワン各チームの次シーズンの新戦力の発表が少しずつ増えてきました。 もう少し情報が増えてきたところで現状をまとめたいと思いますが、NTTの新チームの体制発表が7月26日にありましたので触れておきます。 league-one.jp NTTドコモはディビジョン3で…

代表予備軍の強化について

ラグビーには正規の代表と別に、代表予備軍的なA代表というチームが不定期に結成されますが、6月下旬から7月にかけていくつかの代表チームで活動がありました。 アルゼンチンは、伝統的にVXという言い方をしていますね。 ・イタリアA 南アフリカツアー(ナミ…

リーグワン振り返り サラリーキャップ制度の導入について

現状はサラリーキャップ制度は導入されていませんが、開幕前の谷口準備室長の時代には要検討事項にあがっていました。 日本ではそれほどなじみがないものの、リーグ戦の各チームの戦力の均衡を図るためには有力な手段の一つと考えられます。 ほかのスポーツ…

リーグワン振り返り アジア枠の再設定について

リーグワンへの移行の際、外国籍選手の試合起用のルールを変更し、トップリーグ時代に存在していたアジア枠を廃止しました。 裏側の事情は存じませんが、トップリーグ時代から各チームに在籍していたアジア枠の選手の多くはリーグワン1年目の昨シーズンも引…

リーグワン振り返り チーム間の戦力差について

リーグワンの最初のシーズンが終わって2ヶ月近くが経ちました。 個々の試合内容に関してはそれぞれの節を消化した際に書いてきましたので、試合以外の事柄について何回かに分けて振り返ってみたいと思います。 まずは、リーグのレベルについて。 個人的な感…

フランス代表第2戦 試合所感

7月9日(土)に国立競技場で行われた日本代表とフランス代表の第2戦は、15対20のスコアで日本代表が敗れました。 点差が19点差から5点差に縮まったこと、試合終了まで勝敗の決着がもつれたことを考えれば、第1戦よりは接戦だったと考えられますし、内容的に…

フランス代表第2戦 登録選手 所感

7月9日(土)に国立競技場においてフランス代表と対戦する日本代表の登録選手が発表されました。 www.rugby-japan.jp 先発は前の試合との比較でいうと、フロントローは同じ、LOは2枚とも入替となりました。先発だったファンデルヴァルトは怪我で離脱、もう1…

フランス代表第1戦 試合所感

7月2日(土)に豊田スタジアムで行われた日本代表とフランス代表の第1戦は、23対42のスコアで日本代表は敗れました。 筆者はこの試合を現地観戦しました。 購入したのはバックスタンド側の3階席。試合中のほとんどの時間帯で日陰ではありましたが、座ってい…

フランス代表第1戦 登録選手 所感

7月2日(土)に豊田スタジアムで開催されるフランス代表との第1戦に臨む日本代表の登録選手が発表されました。 www.rugby-japan.jp 先発は先週のウルグアイ代表戦から、PR1枚、LO1枚、No8、SH、インサイドCTB、FBが入替。このあたりは別に報道が出ているコロ…

ウルグアイ代表第2戦 試合所感

6月25日(土)、ミクニワールドスタジアム北九州で開催された日本代表とウルグアイ代表の試合は、日本代表が43対7のスコアで勝利しました。 正直なところ、事前の予想からあまり驚きのない結果なので、さほどコメントすることもないのですが。日本代表の方は…

ウルグアイ代表第2戦 登録選手 所感

6月25日(土)にミクニワールドスタジアム北九州で行われる日本代表とウルグアイ代表の出場選手が発表されました。 www.rugby-japan.jp WTBで先発のファンデンヒーファーと、リザーブスタートのPR森川、LOワクァ、SOかCTBで出場するであろう李が出場すれば初…

6月の代表強化について

6月18日、以下のコンペティションにおいて決勝が行われ、シーズンが終了しました。・Super Rugby Pacific(NZ、豪州、フィジー)・Premiership Rugby(イングランド)・United Rugby Championship(アイルランド、ウェールズ、スコットランド、イタリア、南ア)翌週には、フラン…

ウルグアイ代表第1戦 試合所感

6月18日、秩父宮ラグビー場で行われた日本代表とウルグアイ代表の試合は、34対15で日本代表が勝利しました。 当たり前の話ですが、前向きに捉えようと思えば前向きに、逆にも捉えられるような内容の試合だったように思います。 前向きな材料といえば、中心選…

ウルグアイ代表第1戦 登録選手 所感

6月18日(土)、秩父宮ラグビー場でウルグアイ代表と対戦する日本代表の試合登録選手が発表されています。 www.rugby-japan.jp 先発とリザーブの入替はありますが、先日のチャリティーマッチに出場していた選手が大半という印象です。 フロントローは先発は…

来日したウルグアイ代表について

6月18日(土)、ウルグアイ代表と対戦する日本代表の登録選手はすでに発表されていますが、そちらは別に書くとして、今回は来日したウルグアイ代表、ロス・テロスについて記しておこうと思います。 来日26名中、フランス、イタリアのチームに所属する選手が3…

ジャパンラグビーチャリティーマッチ2022 試合所感

6月11日(土)、秩父宮ラグビー場で開催された「EMERGING BLOSSOMS vs TONGA SAMURAI XV」のチャリティーマッチは、31対12でEMERGING BLOSSOMSが勝利しました。 この試合、筆者は現地観戦しました。 トンガチームを迎え撃つのは日本代表というではないわけで…

チャリティーマッチに際し、代表強化について思うこと

昨日、TONGA SAMURAI XVとEMERGING BLOSSOMSとのチャリティーマッチに関して、EMERGING BLOSSOMSの選手選考が当初の位置づけから変容しているのでは、という趣旨の文章を書きました。 好意的に解釈すれば、トンガへの日本ラグビー界の連帯の想いを示すためで…

ジャパンラグビーチャリティーマッチ2022 登録選手 所感

6月11日(土)、秩父宮ラグビー場にて「ジャパンラグビーチャリティーマッチ2022 EMERGING BLOSSOMS vs TONGA SAMURAI XV」という試合が開催されます。今年1月に発生したトンガ北部の海底火山の噴火によって大きな被害を受けたトンガに対する支援のため、同…

リーグワン2022 決勝・3位決定戦・入替戦第2戦 試合所感

リーグワン最初のシーズンの締め括りの週末でした。 まずはディビジョン1をかけた入替戦の2試合。 初戦で23点差で敗れたヒートは、それを超える勝利が必要な状況。 前半15分で12点差としたときはその可能性も十分な勢いでした。その後ペースが落ち着いたもの…

リーグワン2022 決勝・3位決定戦・入替戦第2戦 登録選手所感

リーグワンの最初のシーズンも残すところこの週末の試合のみとなりました。 ■ヒートVSグリーンロケッツ 金曜開催の試合で事後になってしまいましたが、メンバーに触れておきます。 試合はまだ見ていません。 先週23点差がついたので、ヒートがひっくり返すの…

リーグワン2022 準決勝・入替戦第1戦  試合所感

開戦準決勝2試合とディビジョン1・2の入替戦第1戦の2試合を振り返ります。 このカードは、一シーズン戦ってきた場所の環境の違いが出たという気がします。 精度はともかく、グリーンロケッツのアタックのほうがスピード感がありました。 ヒートはイエローカ…

リーグワン2022 準決勝・入替戦第1戦 登録選手所感

リーグワン最初のシーズンも残り2週。 プレーオフ準決勝と入替戦第1戦の選手登録から試合を展望してみます。 ■サンゴリアスvsブレイブルーパス府中市に本拠を置く両チームが花園ラグビー場での準決勝で相まみえることになりました。 ブレイブルーパスが勝利…

リーグワン2022 第16節 試合所感(ディビジョン1)

遅くなりましたが、リーグワン2022レギュラーシーズン最終節、第16節の結果をざっくり振り返ります。 最終節の登録選手に関する記事を書いた後、ブラックラムズとレッドハリケーンズの試合も、レッドハリケーンズ側が試合要件を満たさなかったとのことで中止…

リーグワン2022 第16節 登録選手所感(ディビジョン1)

リーグ戦も最終節となりました。 プレーオフに進出するのは4チーム。サンゴリアス、スピアーズ、ワイルドナイツがすでに決まっています。最後の切符を獲得するチームはブレイブルーパスとヴェルブリッツのどちらか、という点が最大の見どころになるはずでし…

リーグワン2022 第15節 試合所感(ディビジョン1)

第15節は、中止になったレッドハリケーンズ・ブルーレヴズ戦以外の5試合が行われました。 ヴェルブリッツは、勝利によって、プレーオフ圏内の4位争いに踏みとどまりました。 序盤にしっかりスコアし、それほど難しくない試合展開に持ち込むことができました。…

リーグワン2022 第15節 登録選手所感(ディビジョン1)

久々の中止試合ですが、レッドハリケーンズとブルーレヴズの試合がコロナ理由で中止となりました。 ■ブラックラムズvsヴェルブリッツ気づいたら6連敗中のブラックラムズと、先週接戦を制したヴェルブリッツ。それぞれ入替戦とプレーオフを臨むポジションにい…

リーグワン2022 第14節 試合所感(ディビジョン1)

遅くなりましたが、第14節をざっくりと振り返ります。 レッドハリケーンズも集中していないわけではなかったと思いますが、あそこまでスクラムに差があるとなかなか難しい。 ブレイブルーパスは終盤に向けてチームの完成度が上がってきた印象。 国内のゲーム…